Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ている

見ている


一年前には犬が一匹と猫が三匹いた。
今は、おばあさん猫と不良の若手男子猫の二匹になってしまった。
可愛い二匹がなくなって落胆の日々が続いていた。
フト見ると遺された二匹の猫がこちらを見ている。
台所にいると隣の部屋から覗いている。
テレビを見ているとパソコンの椅子の下からこちらを覗いている。
どちらの猫も、なつかないのであまり可愛いがられない猫だ。
てきとうにゴハンをあげて、トイレをかたずけるだけなのだ。
その猫たちが、家を出る時は玄関に続く隣の部屋から硝子戸越しに見ている。
二階に上がる階段の途中から見ている。
なんか、きゅうに胸が痛くなった。
そんなことにも気付かなかった。
忙しく出て行く目の前で、声もかけられず、バチンとドアを閉められた猫たちの落胆は考えなかったのだ。
「自分だけが寂しいと思ってる」と妻に言われた。
哀しいのはお前たちも同じなのか。
帰ったら頭を撫でてあげよう。
「スズもモフもいい子、いい子」
スポンサーサイト

大和心になれなくて

桜酔い2

桜の季節は朧げで森に夢見る、そんな気分になるものです。

この森には、幾つの月が落ち眠っているのだろう。
真綿のような満月が落ちてきた朝
森のはずれで小さな薄桃色の花が咲きました。
青い鳥が振り返り、風は聞き耳を立てています。
きっと、この地上はあり得ない場所なのでしょう。

少し時が経ち農夫がその小さな花を見つけました。
慈しみ、抱き寄せ、頬寄せ、涙がこぼれました。
しばらくすると
空の奥の方で
幸せが音を立てて動き始めました。


真心とは産巣日(むすび)の神の神霊(みたま)によって備え持って生まれたままの心
とは、本居宣長の古事記伝の話です。
真心には智もあり愚もあり善事にもあり、生まれついて持っている心を真心と云うのだそうです。
良いことであれ悪いことであれ「コト」に触れて素直に動く心の状態を云うのだそうです。
それが夢であれです。
これが上代の心、大和心のようです。

壁を隔てた隣のステージでバンデウーラのカテリーナさんのコンサートがありました。
一青窈のハナミズキが聞こえてきます。
「薄紅色の可愛い君のね」「果てない夢がちゃんと」「終わりますように」
「君と好きな人が」「百年続きますように」
洩れ聞こえる声と音色に山並みが滲んで見えました。

そして農夫は娘の門出に何も言えませんでした。
真心だけが滲んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。