Entries

見ている

見ている


一年前には犬が一匹と猫が三匹いた。
今は、おばあさん猫と不良の若手男子猫の二匹になってしまった。
可愛い二匹がなくなって落胆の日々が続いていた。
フト見ると遺された二匹の猫がこちらを見ている。
台所にいると隣の部屋から覗いている。
テレビを見ているとパソコンの椅子の下からこちらを覗いている。
どちらの猫も、なつかないのであまり可愛いがられない猫だ。
てきとうにゴハンをあげて、トイレをかたずけるだけなのだ。
その猫たちが、家を出る時は玄関に続く隣の部屋から硝子戸越しに見ている。
二階に上がる階段の途中から見ている。
なんか、きゅうに胸が痛くなった。
そんなことにも気付かなかった。
忙しく出て行く目の前で、声もかけられず、バチンとドアを閉められた猫たちの落胆は考えなかったのだ。
「自分だけが寂しいと思ってる」と妻に言われた。
哀しいのはお前たちも同じなのか。
帰ったら頭を撫でてあげよう。
「スズもモフもいい子、いい子」

大和心になれなくて

桜酔い2

桜の季節は朧げで森に夢見る、そんな気分になるものです。

この森には、幾つの月が落ち眠っているのだろう。
真綿のような満月が落ちてきた朝
森のはずれで小さな薄桃色の花が咲きました。
青い鳥が振り返り、風は聞き耳を立てています。
きっと、この地上はあり得ない場所なのでしょう。

少し時が経ち農夫がその小さな花を見つけました。
慈しみ、抱き寄せ、頬寄せ、涙がこぼれました。
しばらくすると
空の奥の方で
幸せが音を立てて動き始めました。


真心とは産巣日(むすび)の神の神霊(みたま)によって備え持って生まれたままの心
とは、本居宣長の古事記伝の話です。
真心には智もあり愚もあり善事にもあり、生まれついて持っている心を真心と云うのだそうです。
良いことであれ悪いことであれ「コト」に触れて素直に動く心の状態を云うのだそうです。
それが夢であれです。
これが上代の心、大和心のようです。

壁を隔てた隣のステージでバンデウーラのカテリーナさんのコンサートがありました。
一青窈のハナミズキが聞こえてきます。
「薄紅色の可愛い君のね」「果てない夢がちゃんと」「終わりますように」
「君と好きな人が」「百年続きますように」
洩れ聞こえる声と音色に山並みが滲んで見えました。

そして農夫は娘の門出に何も言えませんでした。
真心だけが滲んでいます。

ライク ア ローリングストーン

201612121123594a3.jpeg
店内から見える景色もベージュ色。空の青とのコントラストも味があります。

年末は30日まで営業します。年明けは1月4日からの営業になります。
年末年始のコーヒー豆はくるみコーヒーで😄

ボブ・ディランはノーベル文学賞の授賞式を先約があるので、と言って出席しませんでした。
ディランのメッセージを代読したアメリカ大使の言葉の中にもヘミングウェイの名前は出てきましたが、
ヘミングウェイもノーベル文学賞の授賞式には出席しなかったと聞きました。
「最高の作品は一つの孤独な生である。作家は語ることを書くべきであって口にすべきでない」と
ヘミングウェイのメッセージを代読したのも、その当時のアメリカ大使だったそうです。
ディランのメッセージの内容も同じようなものでした。
「自分の歌が文学だろうなんて考えたこともありませんでした。
有名になってからも私の野望は大したことはなく、
自分の歌がラジオで流れるのが自分にとって大きな夢でした。
ただ私の行動のすべての中心にあったのが常に歌だっただけです」
二人ともなんてカッコいいんだろう。
そんなヘミングウェイも最後は猟銃で自殺しました。
晩年は小説が書けずに酒に溺れたそうです。書けないので飲んで飲むと書けないの繰り返しだったそうです。
サン・テグジュペリの「星の王子様」の呑み助を思い出してなりません。

次の星には呑み助がいました。

呑み助は空のビンと酒のいっぱい はいったビンをズラリとならべて だまりこくっています。
王子さまはそれを見ていいました。
「きみは そこで なにをしているの?」
「酒をのんでいるよ」と呑み助は いまにも なきだしそうな 顔をしてこたえました。
「なぜ 酒なんかのむの」と王子さまはたずねました。
「忘れたいからさ」と呑み助はこたえました。
「忘れるって なにをさ?」と王子さまは気のどくになりだしてききました。
「はずかしいのを忘れるんだよ」と呑み助は ふし目になって うちあけました。
「はずかしいってなにが?」と王子さまは あいての気を ひきたてるつもりになってききました。
「酒をのむのが はずかしいんだよ」というなり呑み助は だまりこっくってしまいました。

なんてこった!悪循環のサイクルから抜け出せない自分を見ているようだ。
健全な努力をすればいいものを理屈通りには行かない人間の業を見ているようだ。
文豪ヘミングウェイも、この悪循環のサイクルから抜け出せない同じ人間だと思うとなぜか親近感がもてる。
そして、少し安心して自分もがんばろうと思うのです。
ヘミングウェイありがとう。サン・テグジュペリありがとう。そして、ボブ・ディランありがとう。

ディランがカントリー&ウエスタンの帝王ジョニー・キャッシュの家に招かれた時の話。

食事が終わって各自演奏。ディランも演奏を終えて。賞賛の声。
その後 おもむろに、ジョニー・キャッシュのいとこが。
「おまえ、豚肉 食わないだろう」とディランに聞きました。これは別の意味があるようですが。
ディランは
「はい、食べません。豚は三分の一が犬で、三分の一が猫で、三分の一が鼠だから」
と答えたそうです。
(ボブ・ディラン クロニクルより)
一同 大笑い。
これは、マルコムXのパクリだそうですが。

まったく、食えないおじいさんです。これからも楽しみです。







雨が降っています。ピンクの忍者が隣の部屋でギターを弾いています。

201611192328407b3.jpeg

「この頃、ブログを書いてないけどどうしたの?」と聞かれます。
「犬が死んだから」と応えると、不思議な顔をされています。
ペットロスも確かにありますが、
言葉を繕っている自分が嫌になっているのです。
ふと見ると、窓の外では時々黙々と椎の木の枝を切ってくれている人がいます。Nさんです。
穏やかで力強く謙虚です。
ああ、なんて自分はダメなんだろう。
言葉が多すぎて、それが世慣れて、まったくもって恥ずかしいのです。
チェーホフは雨が降ったら、雨が降ったと書けば良いと言っていました。
力が無いから繕うのでしょう。要するに自分に自信が無いから、口や文字で誤魔化すのでしょう。

昔こんな話がありました。
批評家の小林秀雄先生を招いて「阿蘇、雲仙合宿」という勉強会が昭和40年代、九州でありました。
知の巨人が来られるということで、先輩達は少しでも何か吸収してやれと参加した時の話です。
講演が終わり、学生との質疑応答の時間がいただけました。
何人かの学生たちが質問を終え、次に一人の学生が挙手し、 質問が許可されました。
そして、マイクの前に進んだ学生がいきなり、こう質問したのです。
「天皇と私たちは、どのように、お付き合いすれば良いのでしょうか」
学生が質問すると一瞬、先生の目が「キッ」と光を放ったようだったそうです。
それまでの様子とは明らかに違い先生は何も返事をされませんでした。
広間には水をうったようなシンとした空気が流れ、たった数秒間のその静寂がもの凄く長く感じられたそうです。
そして、
「君、本当に天皇に興味あるの」
小林先生は口を開かれ、はっきりと言われました。
そして、その後、「どうして、そんな質問ができるかなぁ」と呟かれたそうです。
自分が質問したわけではないのに、震えるほど怖かった、と話されていました。
「君、本当に天皇に興味あるの」この先生の声が胸に突き刺さり、決して忘れられない一言だったそうです。
その後、先輩はこう話されました。
これは「失言」というものではない。また「勘違い」でズレたというものでもない。
「本心は他にある」のだ。と「言葉を巧んでいるからだ」と
「本心は外にある」くせに不用意に吐いてしまうのだ。それを指摘されたのだ。と
要するに「その場を取り繕う」「偉く見せたい」「知ったかぶりをしている」という
「本心不在の状態」だと。
もう、何十年経つのだろう。何も進歩していない。だから自分が恥ずかしいのです。

でも、明日は来るのですね。
新しいコーヒー豆入荷しました。
😀ブラジルフローラルブルボン 200g 1520円 微かに花の香り、クリーミーな甘み。
😀ペルー カハマルカ無農薬 200g 1560円 ソフトな舌触り、柔らかな後味。

恥ずかしいで思い出しました。
次回は星の王子様に出てくる恥ずかしいがり屋の酔っ払いとボブ ディランの話をしましょう。








猫に愛された犬の話

猫に愛された犬の話

その犬は16歳と8ヶ月で逝った。苦しい最期だった。
背中の皮が剥け、痛さに苦しみ、犬小屋と垣根の間の狭い隙間に鼻先を入れて、夜じゅう鳴いていた。
朝には、力尽きて横になった。でも激痛は睡りを許さなかった。
視力のない真っ黒な瞳から大きな涙がこぼれた。
全身から生臭い匂いを発して時々切ない悲鳴をあげた。
そして日が傾き、たくさんの小虫が飛び交う頃この世を去った。
西の空は淫靡な夕焼けで羊飼いの星が光っていた。

その犬はおよそ番犬にはならないが、誰からも好かれる犬だった。
穏やかで怒った姿を見たことがなかった。
鳥が自分のエサを食べに来ても、猫が犬小屋に入って寝ていても黙って見ていた。
猫が大好きで猫を見ると「クーン、クーウン」と呼んでいた。
その犬が亡くなったその日は猫も落ち着きがなかった。
二階の屋根から飛び降りてみたり、犬小屋の近くの水道の蛇口にパンチしてみたり、
わけもなく二匹の猫でケンカしてみたり。
猫をつかまえて腹をさすってみると、柔らかい毛の下で心臓が激しく波打っていた。

アブに刺されながら、三年半前に亡くなった姉犬のそばに犬を埋めた。
「小さい頃みたいに、また二匹で駆けまわって遊びな」
いい子だな、いい子だな、何度も頭を撫でてやった。

薄闇は頭の中まで染みてきて、あたりは朧げになった。

「薄闇の空に小虫(ティンカーベル)の飛ぶような童話(おとぎ話)か二十六夜月」

ハナ、さようなら、いい子だ、いい子だ。
ハナ、さようなら、いい子だ、いい子だ。